県民満足度100%の神奈川県議会を本気で目指す
神奈川県議会議員
松 田 良 昭

コロナウイルス感染拡大防止策スローガン
英知を結集し国難を乗り越えよう                                                                     

松田ツラmatsuda211r.jpg


日本会議全国地方議員連盟会長
北朝鮮に拉致された日本人を救う会全国地方議員連盟会長
自由民主党神奈川県支部連合会副会長
神奈川県議会議員 松田良昭

  • 特集記事 = 
  • 2020.9.1更新

IMG_1820.JPGIMG_1876.JPG

「危機管理体制のいっそうの強化を (part2)」

令和2年度神奈川県議会第2回定例会を終えて

日頃から格別のご支援を賜り深謝いたします。                                                                                                                                                
現在社会の状況は、新型コロナウィルスの影響により、急速な悪化が続いており、生活や医療機関をはじめとする県内経済は極めて厳しい状況にあります。
ウィズコロナの社会においては医療体制の維持と経済活動の再開を両立させていく必要があります。神奈川では全国に先駆けて緊急医療体制「神奈川モデル」を構築したほか、事業者向けには、「感染防止対策取組書」を作成、じだいに対応した新たな社会経済モデルへの転換に向け始動しました。熊本、岐阜が被害にあいました、頻発化、激甚化している自然災害による被害の防止、最小化を図るため、重要インフラの機能強化や、災害時に命を守るための体制強化取り組みを推進していかなければならない。近年の水害における課題や教訓を踏まえた「神奈川県水防災戦略」を定め、土木施設の強靭化に取り組んでいるが3ヶ年緊急対策以降においても、国からの支援も不可欠であります。そして神奈川では、総合計画とSDGsをいったいに推進しているところですが、新たに川崎、小田原も未来都市に選定され、全国最多の五自治体です、残り10年取り組みはさらに広がりつつあります。そして、本日第二回定例会最終日、本会議には議員が半分入って討論。採決時間に全員入場、総額1506億8300万円の今年度一般会計補正予算と35議案を総員起立で可決、この中には1500億円をこえる新型コロナ対策予算も盛り込んでいます。コロナと生きる社会を模索する日々が続きますがめげずに頑張りましょう。

= 掲示板 ~県政報告と政策普及のページ =

2020・10・1更新
令和2年年9月24日タウンニュース誌掲載記事
2020年11月02日18時23分42秒0001.jpgコロナ対策日常版「神奈川モデル」の提唱!                                               コロナ対策における審議が続く神奈川県議会に在って、早くも次年度(令和3年度)の予算編成に関わる大綱が発表されました。コロナ対策については今年度を上回る構えを見せる指針である中で、感染拡大の防止、重篤患者治療体制、そしてコロナ禍によってすっかり落ち込んでしまった経済活動、県民の日常の活動を取り戻すための施策などを盛り込んだものになる見込みです。不急な事案については極力、後回しに、先ずはこの国難を乗り切るための施策が中心となるのは間違いありません。日々の状況を素早く見極めて対応事例を素早く柔軟に審議、決定できる神奈川県議会の運営に尽力して参ります
2020・8・20更新
ScanSnap_ScanSnap_ScanSnap_200721県政報告おもて0001.jpgScanSnap_ScanSnap_200721県政報告うら0001.jpg令和2年7月号                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   *                                                                                                                                                                              「県政報告7月号」を発行しました                                                                                             コロナ感染症予防対策のみならず風水害など、様々な県民生活の脅威に即応できる議会制度の改善を唱えた本年3月の議会質疑をより実効性のあるものすることが求められる今月の議会であります。情報発信はわかりやすいものを、丁寧に整えることが肝要です。その他、窮状を訴える様々な地域団体、業界団体の方々が実情の理解と行政への要望を携えて来庁される日程が続きました。


= お知らせ = 

2020・6・10更新

 追 悼
横田滋さんご逝去に接し

IMG_0182.JPGIMG_1401.JPGIMG_0240.JPG

拉致被害者家族会初代代表を務められた横田滋さんが亡くなられました。拉致事件の真実を正しく伝え、国家が果たすべき最重要課題として解決に向けて取りくむよう全国的な国民運動の必要性を説き活動の礎を築かれた横田滋さんでありました。本県在住ということもあり活動当初からご縁を戴き全国様々な活動をご一緒させていただきました。拉致問題解決に共鳴共感する個人、団体問わず沢山の方からご支援の機会をいただきました。本当にありがとうございました。今後も怯むことなく全面解決に至るまで活動の輪を拡げていく決意を以って追悼のコメントとさせていただきます。以下、新聞社に提供のコメントを原文のまま掲載させていただきます。
地方議会の議員連盟でつくる拉致問題地方議会全国協議会会長を務める松田良昭県議(自民党)は                                   「20年ほど前に県議会での陳情で拉致問題を訴えていた滋さんの真剣な顔つきが私の活動の原点。優しく笑っている滋さんにめぐみさんを会わせたかった」と声を詰まらせた